重要!ハンドピュレナで老け手ケアを実感するための使い方・使用方法!

 

ハンドピュレナは、手のエイジングケアができる専用ハンドクリーム。

 

多くの方が良い変化を実感していますが、しっかり実感するためにどう使えばよいのでしょうか?

 

 

このページでは、ハンドピュレナの正しい使い方・さらに良い変化をを実感するためのポイントを紹介します!

 

●ハンドピュレナはこう使うのが正しい!

 

回数 / 1日2回

 

タイミング / 就寝前、日中の都合の良い時間

 

目安量 / 両手分で、パール大(直径1cm、高さ6mm)

 

使い方 / 手の甲にしっかりなじませる

 

 

●ハンドピュレナを使う際のポイント

 

ハンドピュレナでより変化を実感するためのポイントは下記の3つです。

 

 

<ポイント1>1日2回のケアを毎日おこなう

 

1日2回のケアを毎日続けることが、ハンドピュレナで実感するためのポイントです。
1日に1回しか使わない、ケアを忘れる日があるなど、しっかり続けないと、変化を感じにくくなってしまいます。

 

変化を感じられないから、ハンドピュレナでのケアを諦めてしまう・・ということになりかねません。

 

ハンドピュレナは1日2回、毎日しっかり続けてくださいね!

 

 

 

<ポイント2>即効性を期待しない

 

1日でも早く、老化してしまった手や血管の目立ちを綺麗にしたい!という気持ちはわかりますが、即効性を期待するのは良くないですね。

 

すべてのスキンケアに共通することですが、肌のターンオーバーは約1ヶ月〜1ヶ月半と言われています。
肌の状態が良くない場合は、もっと時間がかかります。

 

ですから、ハンドピュレナに関しても、最低1ヶ月以上は使い続けないとしっかりと変化を感じることはできないということですね。

 

ただ、ハンドピュレナを使い続けて2週間も経てば、少しは肌の変化を感じることができるとは思います。
まずは2週間、肌に良い変化を感じた場合は、1ヶ月、2ヶ月と、続けて使ってみてください。
きっとさらに肌の違いを感じられるでしょう。

 

 

 

<ポイント3>1回の使う量を守る

 

ハンドピュレナを1回で使う量は、両手分で「パール大(直径1cm、高さ6mm)」です。

 

この量を守らず、量を少なくして使ってしまう場合もあるかもしれませんが、そうするとしっかり実感することが難しくなってしまいます。
1回分の量はしっかり守るようにしてくださいね。

 

※肌の状態によっては、量を少し増やした方が良い場合もあると思いますが、その点は増やしても大丈夫です。

 

 

 

 

また、他のハンドクリームを使っている方は、ハンドピュレナと合わせて使っても良いのか、気になるかもしれませんね。

 

ハンドピュレナは、他のハンドクリームと合わせて使っても大丈夫です!

 

ただし、使う順番にだけ、気を付けてくださいね。

 

まずは、手を清潔にして、ハンドピュレナをしっかり肌になじませます。
その後に、他のハンドクリームを使うようにしてくださいね。

 

 

ハンドピュレナをキチンと使って、手のエイジングケアを始めてみませんか?

 

興味がある方は、下記リンク先で詳細を確認してみてくださいね!

 

コチラ⇒最安値&返金保証!大人気!ハンドピュレナ公式